MENU

繁忙期が違っても仲良しでいるには

お互い職種が違うので繁忙期が一緒の時期ではないというカップルも多いと思います。
そんな方に見てほしいまとめを作りました。

 

あとで埋め合わせの時間を作る

繁忙期がずれたとしても同じ時期に休みを取ったりして、少し足を伸ばした旅行をしてみましょう。
日常生活とは違う気分転換でリフレッシュできますし、二人で濃い時間を過ごすことができます。
この繁忙期を乗り越えれば旅行が待っていると思えば仕事もはかどるので、お互いにとってプラスにもなります。
二人の共通の楽しみを目標に励みにすることは、二人の結束力を強くする結果にもなります。

 

無理に時間を作ろうとしない

無理をすればデートできるけど、後々しわ寄せがきそうだなあと思うときは、無理に会わない方がいいです。
体力的、精神的に無理をすることは後々の自分に負担をかけてしまいますし、負担をかける原因になる相手に会うのが最終的には億劫になってしまいます。
忙しい時期に無理に会うのではなく、落ち着いた時期に会えるほっとできる存在に彼がなるようにしましょう。
ただ彼を放っておきすぎると浮気などの原因になりかねませんので、一日一回のメールなどを欠かさないようにしましょう。

 

自分の方が忙しいなんて思わない

どちらの方が忙しいかということは絶対に比べてはいけません。
忙しさに優劣などありませんし、仕事などの職種が違えば忙しいポイントも違います。
学生時代の忙しさと仕事をしてからの忙しさを考えてみると、その違いも分かりやすいのではないでしょうか。
自分も大変だけど相手も大変だと考えれば自然と思いやりの心は生まれてきます。

 

おわりに

自分が必死に頑張っているときに、彼がなんだか暇そうにしているといらっとしてくることもあるかもしれません。
ですがその気持ちをぐっとこらえて、二人が折り合っていけるように頑張りましょう。