MENU

彼に結婚を決意させたいと思ったら、こんな言動はNG3つ

「そろそろ結婚したいのに」と思って積極的にアピールしても、全くその気にならない彼、何を考えているのでしょう。
いえ、もしかしたら彼もあなたのこんな部分に対して最終的なジャッジをしているのではないでしょうか。

 

1. いつでも楽天的過ぎる

 

とにかく彼と楽しく過ごしたくて、いつでも明るくニコニコしていると、彼に「もう少し真剣に考えて欲しいのに」と思われてしまいます。
結婚の言葉が軽く聞こえてしまい、もしかしたら相手は自分でなくてもいいんじゃないかと彼を不安にさせているのかも知れません。
ポジティブな女性は素敵ですが、たまには笑顔だけでしっとりとした表情を見せて「幸せだね」と呟いてみては如何でしょうか。

 

2.彼に対して従順過ぎる

 

一刻も早く彼と結婚したくて、彼の言うことに何でも従ってしまってはいませんか。
デートでは彼の意見を第一にして、彼の理想にはどこまでも付き合う、喧嘩をすることもなく、その代償として早く結婚を決めて欲しいと思っているのではないでしょうか。
彼はそんなあなたの気持ちに気付いてしまい、わざとそのままの状態にしているのでしょう。
もっと二人のライフプランについて平等に話し合えるようにしましょう。

 

3.駆け引きが極端過ぎる

 

将来の幸せな家庭像について語って彼を良い気分にしておいて、何かの折に「私達、無理かも知れない」「別れても仕方ないんじゃない」と駆け引きをするのはNGです。
「別れましょう」というのではなく、「かも知れない」「仕方ない」等の曖昧な駆け引き言葉を使われると男性は「それならいっそ別れてもいいかも」と思ってしまうものです。
駆け引きをするくらいならば、いっそ結婚式場のカタログを持って行って「どれにする?」と迫る位してみましょう。

 

終わりに

 

あと一押し、そう思ったら彼を押すよりも、彼の友人や両親に働きかけた方が効果がありますよ。