MENU

恋愛で使える「嫉妬させる技術」

恋愛をしていて嫉妬ほどやっかいなものはありませんよね。
しかしこの「嫉妬心」をうまく利用すれば、恋愛成功への大きな近道ともなるとすれば…
使わない手はありません。
特に男女間は物事の感じ方がそれぞれ異なっていますが、「嫉妬」は男女共通のものです。
そのメカニズムを知って嫉妬とうまくつきあう方法、さらには恋愛がうまくいくテクニックを探していきましょう。

 

人間の感情に必要な「嫉妬」

嫉妬とはそもそも相手への「好き」な感情の裏返しとして湧き起ってくるものです。
相手を好いているからこそ、その相手が他の誰かと仲良くしたり、自分よりも誰かを
大事にしている様子をみて嫉妬してしまうのです。
それは自分には欠けている部分を他人がもっていることからそれを求めて、
嫉妬は人間に必要な感情であることがわかります。

 

 

恋愛に「嫉妬」を応用する

もしあなたが今彼とつきあっていて、彼が最近自分に無関心な気がして寂しいと感じているなら、
少し冷たくしてみるのもひとつの方法です。
ひとは失われのではないかという危機に直面して初めて、大切なものだと気付くものですから、
彼の嫉妬心に火をつけて自分への好きな感情を復活させる。
つきあっている間にはそんな瞬間も必要なことなのです。

 

これはまだ恋愛関係になっていない男性でも同じ効果があります。
しかしやりすぎは禁物。
相手が本格的に離れてしまうきっかけともなりかねないですから、
相手との駆け引きで引くべき時にはちゃんと引きましょう。
その駆け引きができればオトナの恋愛マスターへの第一歩です。

 

 

おわりに

誰かを好きになったらどんなデキた人格のひとでも「嫉妬心」から逃れることはできません。
それならばその嫉妬心を相手との綱引きでうまく使えるようになれば、
あなたもそして彼との関係も良い方向に向かうことでしょう。